ブラックジャックのルール

オンラインカジノでは、良く導入されているゲームの一つにブラックジャックがあります。ブラックジャックはポーカーと同様にトランプゲームの中で人気のあるゲームの一つです。

ブラックジャックのルールは、そこまで難しいものではありません。

簡単に書くと、ディーラーとプレイヤーにカードを配って、手札の合計数が21に近い方を勝ちとします。21に近づけるように、カードを交換することはできます。

基本的にディーラーとプレイヤーとが争う形式になっていることが多く、1対1での勝負です。

ただ、オンラインカジノのライブゲームなどではテーブルに最大で7人までプレイヤーが座り、それぞれがディーラーと対決するスタイルが主流となります。

ブラックジャックのカードの数え方ですが、まず「A」はエースのカードで非常に重要です。

「A」は「1」または「11」として有利な方で数えてよいです。そのため、このエースを引けるかどうかは競技の行方を左右する重要なカードといえるでしょう。2から9までについては、そのまま数えます。

「10」と「11」から13にあたるジャック・クイーン・キングにあたる絵札に関しては、全て「10」として数えるという仕組みです。

「10」カードか絵札(J、Q、K)の組み合わせで合計「21」になれば、ブラックジャックが達成します。

「21」が最も強い数字であり、足して「22」を超えるとバストとなりそのゲームは失格となりますのでプレイヤーは注意しながらカードを交換します。

配られたカードは、状況に応じてヒットと呼ばれるカードを引く動作をするかスタンドというカードを引かない選択をするかをプレイヤー側は決めることが可能です。

そのほか、オンラインカジノではダブルダウンと呼ばれる賭け金を2倍にして1枚だけカードを引く動作も選択できます。

自信があるときに選択するほか、うまく使えば相手におろさせるブラフ的な使用法も可能ですが裏目に出ることももちろんあります。

シンプルですが、極めようと思えば奥が深いです。勝負に勝ったら賭け金に応じた賞金を得ることができ、負けると掛け金を失うのはほかのゲームと共通しています。

オンラインカジノでは、できればダブルダウンを狙える状況を多く作るのが攻略のコツです。

結果を予想して賭けを行う運の要素の強いゲームではありますが、プレイヤーのみが行使できる行為もいくつかありそこまで儲けるのが難しいというわけではありません。

あとは、かけていく中で少しずつ慣れていけば自然と分かってきますので興味が少しあるならば挑戦してみましょう。