バカラのルール

バカラは非常に有名なカードゲームであり、オンラインカジノにおいても実装しているところが多いです。

したがって、ルールを覚えておいたほうが楽しみやすくなるでしょう。最初に行われるのはプレーヤーにカードを配ることです。

このときバンカーにも2枚ずつ配布されます。このあと3枚を上限として、合計の数で競い合うのが次の展開です。

ただし、単純に大きいほうが勝つのではなく、下一桁の大きいほうが有利になるので注意しましょう。

すなわち「9」が最も強い数であり、反対に0が最も弱い数ということになります。

たとえば、「5」と「7」のカードが配られたプレーヤーがいたとします。

このとき「5」と「7」の合計である「13」に着目してください。

下一桁が「3」ということなのであまり強くありません。

バンカーがに配られたカードが「7」と「8」なら、合計数の下一桁は「5」となるので負けてしまいます。

ただし、この2枚だけで勝負がつくとは限りません。3枚を上限としたゲームなので、逆転のチャンスはまだあるということです。2枚で終えるケースと3枚まで配布してもらえるケースもあります。

プレーヤー側が3枚のカードの配布を受けるかどうかは、最初に配れた2枚のカードによって変わります。

たとえば5以下なら配ってもらい、それ以上ならスタンドをするといった具合です。

注意が必要なのはバンカーが配布を受ける条件はプレーヤーとは異なるという点です。

2枚の合計が関係してくるのはもちろんですが、プレーヤーの最新の状態によっても変化します。

こちらは単純ではないので、プレーヤーは完全に把握していないことも珍しくありません。

いずれにせよ、2枚で勝負が決したような雰囲気になりやすいですが、往々にして3枚目で覆ることが多いゲームといえます。

さらに特別なルールとして、最初の2枚でスタンドして、それが「9」であればヒットを強制的に止められるという仕組みがあります。

8になる場合も同様であり、相手が同等の合計にならない限り、敗北することはありません。

そして、勝つという予想が当たればそれに合った報酬が得られ、負ければ逆に賭けた分を失うことになってしまいます。

もし勝てない場合でもプレーヤーがドローに持ち込めれば、掛けた分だけは返金されるので、最後まで諦めないで見守ることも大切です。

ただし、オンライカジノの場合はドローに賭けた場合も8倍といった高い配当を得られるのが一般的です。正確な倍率についてはプレーする前に確認しておきましょう。